お荷物追跡

出荷時にお知らせした配送番号を入力して下さい

電話対応 11:00~18:00
日本語サポートセンター
電話注文受付け
お問い合わせ専用の電話番号!
お荷物の追跡状況などに関しましては こちらよりお問い合わせください。
尚、商品の効果、副作用などにつきましては、販売国の商品説明書や一般的な薬剤情報をご確認ください。

AGAを完全に解説!|男性型脱毛症の原因と治療対策情報一覧

AGA(男性型脱毛症)を解説!   


AGA(男性型脱毛症)とは

AGA(男性型脱毛症)の原因

薄毛の種類

AGA(男性型脱毛症)治療の重要性

フィナステリド

ミノキシジル

その他の対策



AGA(男性型脱毛症)とは



AGA(男性型脱毛症)とは最近、頭髪の量が減ってきたかもしれない、頭髪の毛が細くなった気がする、など、頭髪のことが気になっていませんか?一般的に頭髪が薄くなっていく状態のことを「薄毛」といいます。テレビや雑誌など巷でこの言葉を聞く機会が増えてきました。薄毛の原因には様々なことが考えられますが、薄毛で悩んでいる人の中で、多いと言われているのが男性型脱毛症(AGA)です。日本人成人男性のおよそ3人に1人がAGAとされており、薄毛は日本人の生活環境に大きく関わっています。男性型脱毛症(AGA)とは、思春期以降に生え際がM字に後退してきたり、つむじ周りが薄くなってくる症状です。一時的ではなく進行性の脱毛症で、放っておいても治ることはありません。

また、一般的に男性型脱毛症(AGA)は30代後半~50代にかけて多く見られていたのですが、最近では20代の若者のAGAも増えてきています。特にAGAは進行性がありますので、何もせずにいるとゆっくりと髪の毛の数は減り続け、抜け毛・うす毛が徐々に目立ってきます。一般的に遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられています。

男性型脱毛症(AGA)は男性だけのものでもなく女性にも起こり、FAGA(女性男性型脱毛症)と名付けられています。これは、加齢などによって、女性ホルモンが減少し、男性ホルモンが優位になることで発症しているのです。



AGA(男性型脱毛症)の原因



AGA(男性型脱毛症)の原因AGAの最も大きな理由として考えられているのは男性ホルモン(DHT)です。テストステロンは5αリダクターゼという還元酵素の働きで、DHT(ジヒドロテストステロン)というホルモンに変換され、このホルモンが毛乳頭細胞にある受容体に結合することにより、髪の成長が抑制されてしまうといわれています。


その他AGA(男性型脱毛症)の原因としては、遺伝原因やストレス、日々の生活習慣なども関係していると言われています。



・男性ホルモンの影響



男性ホルモンの影響は男性型脱毛症で主な原因として考えられています。男性ホルモンは、5aリダクターゼという還元酵素の働きでDHT(ジヒドロテストステロン)というホルモンに変換され、毛乳頭細胞にある受容体に結合することで発毛が抑制されます。男性ホルモンが毛根に作用して、毛根細胞のエネルギー生産抑制、脱毛シグナルの増加、発毛促進シグナルの抑制などが起こります。その結果、毛根の機能が低下して、髪の毛の成長が阻害され、抜け毛が起こります。



・遺伝要素



AGAになる原因の一つに両親から子供への遺伝があります。正確には男性型脱毛症(AGA)になりやすい体質が両親から子供へと遺伝されます。親からの遺伝で、生まれつき脱毛を誘発する5αリダクターゼの量が多い方の場合は、やはり抜け毛や薄毛になりやすくなる傾向にあります。



・ストレスなどの日々の生活習慣



現代人は食生活が乱れていると言われますが、食生活の乱れも薄毛の原因になってしまう可能性があるといいます。最近では、レトルト食品やコンビニ弁当、カップラーメン等を食べる食生活が増えてきています。この結果、血液中のコレステロールが増えることで血行の悪化や、毛髪の成長に必要なたんぱく質やミネラルなどの栄養素の不足が、薄毛になってしまう要因と考えられています。

食生活の乱れだけではなく、日々の生活習慣も抜け毛を引き起こしてしまうかもしれません。過度の運動不足や飲酒、喫煙なども抜け毛の原因に成り得るかもしれません。

また、ストレスもAGAを引き起こす要因の一つです。ストレスが溜まってしまうと、自律神経などのバランスが乱れます。そして、頭皮の血流が悪くなった場合、毛根への栄養が十分に行き届かなくなり、AGAを引き起こしてしまうと考えられています。ストレスは髪の成長を妨げるだけでなく、あらゆる病気に悪影響があるといわれていますので、ストレスをためない工夫が必要です。


薄毛の種類



●AGA(男性型脱毛症)



30~40歳代から起こる脱毛症で、男性の3人に1人がこのAGAに悩まされていると考えられます。AGAの主な原因として考えられているのは遺伝や男性ホルモン(DHT)です。頭頂部と額の生えぎわから起こることが特徴です。


●脂漏性脱毛症


脂漏性脱毛症とは脂漏性皮膚炎が原因の薄毛です。脂漏性皮膚炎とは脂性のフケが頭皮に発生し、そのフケが毛穴を塞いで頭皮が炎症を起こすことをいいます。赤く炎症を起こした頭皮は痒みを招き、脱毛を発生させるのが脂漏性脱毛症です。原因は年齢による皮脂の分泌や脂っこいものを摂る食生活などがあります。ひどくなると抜け毛につながってしまいます。


●円形脱毛症


円形脱毛症は、突然、円形または楕円状に脱毛が発生する症状です。最初は1ヶ所だけでも、脱毛範囲が頭皮全体や、眉毛やまつ毛、体毛にまで広がることがあります。円形脱毛症は年齢性別関係なく発症します。主な発症原因は自己免疫疾患と精神的ストレスの二つの説が現在のところ有力です。


●薬剤性脱毛



薬を飲むと、副作用で何かしら頭髪への影響があると言われています。抗がん剤などの強い薬の影響で髪の毛が抜けることがあります。薬剤性脱毛は、頭皮に炎症はなく、髪の毛が全体的に抜けて、薄くなる傾向が高いです。


●粃糠性(ひこう性)脱毛症



粃糠性脱毛症は、成長期にある男性に起きやすい脱毛症です。粃糠性(ひこう性)脱毛症は乾燥したフケが毛穴を塞いでしまうことで、細菌繁殖によって頭皮が炎症を起こして脱毛を招く症状です。通常のフケはものすごい小さくて正方形のようなフケですが、糠性脱毛によるフケは左右非対称の乾燥した大きなかたまりのフケになります。

原因の多くはシャンプーの回数が多すぎる、洗うとき強くこすり過ぎるということです。また、ホルモンバランスの変化によってフケが大量発生したとも考えられています。

薄毛の種類


★AGA(男性型脱毛症)治療の重要性



AGAは病気ではありません。ですが、それによりこころ的ショックを受け、本当に病気を発症してしまったらどうでしょうか。AGA(男性型脱毛症)になってからは髪の毛の話題を避けるようになったり、鏡を見ることを避けたり、美容院や理容院にも行くことがイヤだと感じており、心情的に行動が制限されてしまっているようです。

AGAになったことを後悔している人が多くみられ、もしもAGAになる前の自分に戻れたら予防・改善策を行うかという質問にも88.3%%が試したいと答えています。

髪がもっともよく成長するのは14歳~25歳ぐらいです。その間はどんどん太くなっていきますが、髪の最盛期(男性の場合は20歳、女性の場合は25歳)を過ぎると、だんだん細くなっていく場合が多くあります。薄毛や抜け毛は男女を問わず誰にでも起こり得ることと肝に銘じ、早めの薄毛対策を講じたいものです。

今こそAGA(男性型脱毛症)は治療で改善、近い将来は完治すると言われています。それを放置すると、肥満と同じように「だらしのない人」というレッテルを貼られてしまうかも…!だからこそ、早期治療がなによりも大切であるということです。★AGA(男性型脱毛症)治療の重要性



フィナステリド



 フィナステリドフィナステリドは男性型脱毛症の進行を抑える効果のある成分です。元々は「プロスカー」という商品名で前立腺肥大や前立腺がんの治療薬として広く知られていましたが、その後の研究で男性型脱毛症の方の毛髪の成長に効果が見られることがわかりました。臨床試験を繰り返すうちに、多くの患者から副作用として発毛がみられたため、本格的に飲む育毛剤としての研究、開発が進められていき、1997年にアメリカの食品医薬品局はフィナステリドを正式に飲む育毛剤として認可することになります。DHTは毛乳頭細胞内の男性ホルモン受容体と結び付き、髪を退行させるサインを発します。その結果、髪の毛が成長する前に抜けたり、細くて短い髪の毛が増え、薄毛になります。フィナステリドは、DHTの産生を抑える働きがあるため抜け毛の抑制に大きな効果を発揮し、結果的に薄毛の改善に繋がるという仕組みです。男性型脱毛症の進行を抑えるものなので、男性にしか効果がありません。また、抜け毛ではなく薄毛に悩んでいる方にも、効果は薄いかもしれません。抜け毛に悩んでいる方には効果がある可能性が高いと言えます。

でも、フィナステリドにもやはり副作用は存在します。元来、前立腺肥大症の患者に投与されていた薬なので、ホルモンを意図的に調整する働きがあり、ホルモン関係、特に性機能が不安定になるといった報告が挙げられています。フィナステリド含有のプロペシアに関する副作用は、食欲不振・全身倦怠感(肝機能障害)胃部不快感・性欲減退や勃起不全があげられます。

プロペシアの効果が発揮されるまでには、半年ほどかかると、一般的には言われています。薬を服用し、体内から改善していくタイプのものは、プロペシアに限らず、この程度の期間が必要となります。髪の毛の成長サイクルも大きく関係しているため、半年以下で効果が見られる場合はかなり少ないでしょう。また、一年から三年、それ以上の期間が必要とされる場合も少なくありません。生え始めたからといってすぐに使用を止めてしまうと、元の状態に逆戻りです。改善には我慢が重要。根気を持って取り組むようにしましょう。


ミノキシジル



ミノキシジルミノキシジルは、薄毛に悩む人なら知らない人はいないほど有名な成分ですね。元々、高血圧症の治療薬としてましたが副作用として多毛症がみられ、AGA治療薬として販売されるようになりました。ミノキシジルには外用薬と内服薬とあります。ミノキシジルを含有する育毛剤には塗るタイプのロゲイン、そして飲むタイプのミノキシジルタブレット。2種類の剤形があり、製品ラインナップも非常に多彩です。ミノキシジルの効果は血管を拡張し、頭皮へより多くの栄養素を届け髪の成長を促します。その結果強く長い髪を再び生やせるようになり、減ってしまった髪を増やす発毛効果にも大きな期待が出来るのです。また、頭皮に直接塗ることによって、ダイレクトに、効いてほしい場所だけに作用させることができます。

効果が非常に期待出来ますが、同時に副作用のリスクも高いので利用には注意が必要です。ミノキシジルはもともと高血圧の治療に使われていた薬のため、低血圧を招くことがあります。血圧の低い方や高血圧の治療をされている方は注意が必要です。また、眠気や頭痛、性欲減退といった副作用が出ることも報告されています。その他、体重の増加、胸の痛み、むくみ、動悸などの心臓や血管に関係した副作用が出るケースも報告されています。このような副作用が出た場合には、すみやかに医師にご相談ください。



その他の対策



その他の対策AGA治療には、やはり日々の生活習慣の改善はとても重要です。偏った食生活・肥満・睡眠不足・ストレス・喫煙・不規則などの乱れた生活習慣を見直すことは、髪の毛だけではなく体にとっても良いことです。特に下記について意識していきましょう。


・食事


食事からAGAに効果的な栄養素を補給することで予防することも効果的です。1日三食を守り、野菜中心の生活を心がけ、たんぱく質、亜鉛、ビタミンC、ビタミンA、ビタミンB群を積極的に摂ることも効果的です。


・睡眠


十分な睡眠時間を確保できないと、体の中の新陳代謝も悪くなってしまいます。頭皮の新陳代謝がわるくなってしまうと、薄毛になりやすくなります。また、睡眠が乱れるとホルモンバランスも乱れることが多いです。


・喫煙


喫煙は血管を収縮させるので、頭皮の血行が悪くなり、十分な栄養を届けることができなくなってしまいます。禁煙にチャレンジしたり、どうしてもやめられない場合は吸う本数を減らしていきましょう。


・ヘアケア


パーマやカラーリング、へアスプレー等を使用するヘアスタイルを続けることは頭皮を痛める結果になってしまいます。また、洗浄力の強いシャンプーでゴシゴシ頭を洗ったり、泡を十分にすすいでいなかったりということも頭皮によくありません。刺激の強すぎないシャンプーで優しく丁寧に洗い、泡はしっかり流し、育毛剤等でしっかり頭皮を保湿するようにしましょう。あわせて頭皮マッサージやヘッドスパも効果的です。


・運動


体を動かすと、血行が良くなります。また運動によって汗をかくことはストレス解消にも繋がります。

TOPに戻る